お直し

2013年10月01日

みなさんのお家のタンスの中に、着なくなった着物が眠っていませんか?
きものはほどいて洗い張りしておくと、いろんな物にリメイクできます

今回は自分が着なくなったウールのきものをほどいて洗い張りをして、子供用の着物や羽織に
リメイクした商品を紹介します。
お正月なんかに子供に着せるとめちゃかわいいですよ
IMG_0884



















他にも
IMG_0885



















さあタンスの中をひっくりかえしてみましょう

きものの丸洗から寸法直しまで、
きもののことならなんでもお任せください
お問い合わせは電話・メールにて
遠方のお客様、送料片道無料です

きもの丸洗・しみ抜き・洗張・京染
平野屋
神戸市兵庫区上三条町1-21
tel078-511-9727
ホームページhttp://www.kimono-hiranoya.com
メールアドレス:kimonohiranoya@infoseek.jp



garikusonsusugarikusonsusu at 14:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2013年07月18日

本日のお客様は、結婚式にどうしても着用したい留袖があるんですが
胴裏、比翼とも黄ばみが激しく、しかも結婚式は3週間後・・
貸衣裳にしようかとも思ったそうですが、とりあえず当店に相談していただきました

胴裏は新品に交換して、比翼は正絹でしたのでほどいて漂白すればきれいになります
納期もぎりぎりですが、間に合いそう。
ということでお仕事させていただきました

むずかしいと思っても一度ご相談ください なんとか考えますので

IMG_0839



















IMG_0840




















胴裏交換&比翼仕立て後
IMG_0849



















IMG_0850



















きれいになりました

きものの丸洗から寸法直しまで、
きもののことならなんでもお任せください
お問い合わせは電話・メールにて
遠方のお客様、送料片道無料です

きもの丸洗・しみ抜き・洗張・京染
平野屋
神戸市兵庫区上三条町1-21
tel078-511-9727
ホームページhttp://www.kimono-hiranoya.com
メールアドレス:kimonohiranoya@infoseek.jp




garikusonsusugarikusonsusu at 17:01│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2013年06月04日

着物の上に着用するのは昔は羽織が主でしたが、最近では道行コートや道中着の方が多いそうです
そのためか、羽織を何か別の物にできないかという問い合わせが多くなっています
羽織は衿の形状にもよりますが、道行コートに仕立てかえることができます。
古いしみがたくさんあって・・・という場合でも、きれいな部分を使って名古屋帯にすることもできます
思い入れのある着物や羽織、なにか別の物に生まれ変わらせてまだまだ活躍してもらいましょう


今回は羽織をほどいて洗い張りした後、名古屋帯に仕立て替えしました
IMG_0832




















いいですね

きものの丸洗から寸法直しまで、
きもののことならなんでもお任せください
お問い合わせは電話・メールにて
遠方のお客様、送料片道無料です

きもの丸洗・しみ抜き・洗張・京染
平野屋
神戸市兵庫区上三条町1-21
tel078-511-9727
ホームページhttp://www.kimono-hiranoya.com
メールアドレス:kimonohiranoya@infoseek.jp



garikusonsusugarikusonsusu at 08:00│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2012年07月25日

今日は留袖です

長年使っていた留袖を娘さんにゆずるということで、古くなった胴裏を交換し、
下着をほどいて洗い張り・漂白した後、比翼仕立てにするというご依頼でした
寸法もほとんど変わらないということで、胴裏交換でいけました
仕立て替えになると金額もかさみますので、大変満足頂けました

IMG_0413IMG_0414


胴裏交換+比翼仕立て後
IMG_0478IMG_0479

みちがえるようになりました

garikusonsusugarikusonsusu at 06:34│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック

2012年06月18日

今日は生地の腐食など、どうしても取れないしみを隠す方法を紹介します

きものの衿はとにかくよく汚れます
何度も着用したのにお手入れもせずタンスに突っ込んでいると
どうしようもない状態になります
漂白したり、色修正などあらゆる方法を使っても修正できない場合、元衿切替をします

着物の衿は掛衿と元衿からできています この場合掛衿がよごれているわけですから
元衿の下前側をきって掛衿にし、もとの掛衿を下前側に継ぎ足します
下前側に汚れがでますが、着用の時には帯でかくれて見えません
(ただし、訪問着など衿に柄がある場合はこの方法は使えません)

IMG_0431
切り替え後
IMG_0437
 うまくいきました 着用できそうです



きものの丸洗から寸法直しまで、
きもののことならなんでもお任せください
お問い合わせは電話・メールにて
遠方のお客様、送料片道無料です

きもの丸洗・しみ抜き・洗張・京染
平野屋
神戸市兵庫区上三条町1-21
tel078-511-9727
メールアドレス:kimonohiranoya@infoseek.jp

garikusonsusugarikusonsusu at 12:26│コメント(0)トラックバック(0)mixiチェック