2013年11月15日

着物を洗う方法には2つあります
一つは洗い張りといいまして、着物をすべてほどいて反物にもどして水洗いする方法。
水と洗剤の力で水性のしみを落とします
洗い張りをすると仕立て直ししないと着用できません。

そしてもう一つの洗い方が丸洗いです。きものをほどかずにそのままの状態で洗います
ドライクリーニングという方法で水を使わず、石油系の溶剤で洗います
色落ちや型崩れの心配がなく、皮脂汚れなど油性のしみを落とします
現在ではこの丸洗いが主流となっています。
丸洗いすると生地が弱るといって嫌がる方が時々いますが、そんなことはありません

丸洗いと洗い張り、両方ともをうまく使っていけば着物は長持ちします

さて本日は呂の着物です。衿が何度も着用したことにより汚れて、地色もはげてきています
しみぬきと色修正で直します
IMG_0905



















しみぬき&色修正後
IMG_0906



















きれいになりました

きものの丸洗から寸法直しまで、
きもののことならなんでもお任せください
お問い合わせは電話・メールにて
遠方のお客様、送料片道無料です

きもの丸洗・しみ抜き・洗張・京染
平野屋
神戸市兵庫区上三条町1-21
tel078-511-9727
ホームページhttp://www.kimono-hiranoya.com
メールアドレス:kimonohiranoya@infoseek.jp







garikusonsusugarikusonsusu at 06:30│コメント(0)トラックバック(0)夏物 | しみぬきmixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字